グルメはケーキショッピングを狙う。

タイの主要なスーパーマーケットであるグルメマーケット(Gourmet Market)はMRT operator Bangkok Metro Networds Limited(BMN)とともに、MRT駅内にある初めてのスーパーマーケットをラップラオ駅にオープンしました。

「クロントゥーイ駅、スクンビット駅、ラ—マ9世駅、タイ文化センター駅、パホン・ヨーティン駅、チャトゥック公園駅、カムペーン・ペット駅の7つのMRT駅で小売店舗を開設しました。また、今年はラップラオ駅とペチャブリー駅の2つの駅に小売スペースを追加しました。これらの戦略は、小売店とお客様の両方から積極的な要望を受けたものです。この成功の波に乗るために、私たちは国際基準を満たす食料品小売店であるグルメマーケットと協力してMRTのラップラオ駅で最初のスーパーマーケットを開店しました。」

「このプロジェクトでは、2,300平方メートルのスペースの準備とともに、3,500万バーツの投資が必要でした。スーパーマーケットは、利便性を求めている忙しい都市住民のニーズに応えるものでなければなりません。」と、Bangkok Metro Networks Limited(BMN)のディレクター、ナッタブット・トリビスヴァヴェート(Nattavut Trivisvavet)氏は話します。

MRTラップラオ駅のグルメマーケットは、4番目にできた独立型のスーパーマーケットです。果物や野菜、新鮮な食品や消費者製品など、25,000種類のプレミアム製品が提供されています。この店舗の特徴は、スープとサラダバーなどのヘルシーメニューとともに、タイ料理、日本料理、ベトナム料理、サンドウィッチを誇るデリカテッセンセクションがあり、持ち帰りしたり、カウンターや座席エリアで食事をしたりして楽しむことができます。

Bread Talk、Coffee Road、Thai Street Food Express、DragonX、The Jaffle、Hame Madame、LAB Pharmacyなど20の人気店が同じ店舗内にあります。

顧客はLine Manやhonestbeeアプリを使ってオンライン注文することもでき、速やかに顧客の手元に直接届けられます。

「MRTラップラオ駅のグルメマーケットは、MRTへの交通量を増やし、ワンストップスーパーという利点を生かし、食品や食料品の購入の利便性を求めるMRTユーザーからの肯定的なフィードバックを受け取ると信じています。」と、The Mall Groupのスーパーマーケットゼネラルマネージャーであるチャイラット・ペッチャダクン(Chairch Petchdakul)氏は言います。

また、「この店舗では、新しくMカードに申し込んだお客様には、多くのブランドの優待とともに、50バーツ無料の割引クーポン、超特価、1つすると1つプレゼントなどの特典がついてきます。」

グルメマーケットは出口4のB階にあり、毎日午前7時から午後10時まで営業しています。