タイでの影響力を競う日本と中国 続き


日本は依然としてタイ最大の外国投資家であり、2016年末までにFDI総額の36.2%を占め、次いでシンガポールとEUはそれぞれ14.8%と14.3%を占めています。

タイ投資委員会(BOI)のヒランヤ・スチナイ事務局長は、「日本の投資家がトップを維持している一方で、中国の投資家が増えています。」と発言しました。日本貿易振興機構の石毛博行会長は、最近の投資調査では、日本の投資家の53.6%がEECが戦略的に重要だと思い、78.6%がEECプロジェクトの投資インセンティブが効果があったと答えました。

中国と日本の直接投資は、一般的にEEC投資をより魅力的なものにするでしょう。

タイ開発研究所の研究員であるサオワル・ラッタナカンフ氏は、彼女は楽観的に見ていると述べました。政府がインフラ整備事業、空港、港湾、高速鉄道、高速道路を建設し、タイと他の国々とをつなげるため、EECが魅力的だと言います。

「課題となるのは、政府がどのようにして投資家に効果的にワンストップサービスを提供できるのか。食品医薬品局(FDA)が投資家から要求されたライセンスの認可プロセスをどのように早急に対応することができるか。つまり、そういったソフトインフラストラクチャーとなるかもしれません。」と述べました。政府は、遅れを伴う中、EECを実装に一歩近づけるべく、先週の内閣承認に続き、今週EEC法案を国会議事堂に提出する予定です。しかし、批評家はBOIが提供する巨額の税金特権に疑問を呈しています。国連貿易開発会議(ODA)の経済学者、パドゥマ・ゲール・サンパス氏は、過度の税金特権が政府の歳入に影響を与える可能性があると主張しています。

他の懸念もあります。石毛氏は、日本はベトナム、フィリピン、マレーシアに新たな投資を行っていることから、タイへの日本の自動車投資の減少傾向を指摘しており、一部の日本投資家は熟練労働の不足を心配しています。

BOIによると、外国人投資家はタイにおける投資特権として今年上半期に前年同期比で5%増加の総額1190億バーツを申請しています。日本投資家は、654億バーツで第1位にランクインし、続いてシンガポールと中国はそれぞれ153億バーツ、71億バーツでした。