軍事政権に抵抗するタイ養豚農家

タイの養豚農家は、ドナルド・トランプ米大統領が米国の貿易赤字を減らそうと35億ドルの豚肉市場を開放するという米国に対し、抵抗するよう政府に要請しています。数十人の農民は、トランプ政権が昨年タイとの貿易赤字が190億ドル近くに達したことを調べ、何らかの譲歩をするよう月曜日に抗議しました。

豚肉市場を開放すると、CP Foods Pcl(CPF.BK)やThai Foods Group Pcl(TFG.BK)などの主要企業や、小規模生産者20万人に影響を与える可能性があります。「総理大臣、私はアメリカの豚肉を食べません。」とは、政治家のプラーシュート・チャン・オチャに宛てた横断幕の1つです。タイで政治デモが禁止されていますが、商務省のデモは平和的に行われました。

1つのプラカードに書かれた「タイ人に毒に侵された豚はいらない。刺激薬はあなたの手に。」 は、米国では禁止されていない筋肉構築薬ラクトパミンの使用を言い表し、タイが米国の豚の輸入を拒絶する理由です。

タイは年間約1,800万頭の豚を飼育し、推定市場価値は35億ドルと推定されています。焼き肉、クリスピー、シチュー、揚げ物、またはソーセージにした豚肉は、タイの世界的に有名なストリートフードの特徴です。

豚インフルエンザ協会の会長スラチャイ・サッティタム(Surachai Sutthitam)氏は、「現在交渉中で商工省の支援を望んでいます。」と言い、「豚肉を輸入すると、豚の農家や飼料の供給者が壊れてしまうだろう。」と語りました。

CP FoodsとThai Foods Groupはコメントの要請に応じませんでした。

タイ国内における最大の食品企業:CP Foods
繁殖から加工生産までを行う食品の垂直統合型企業:Thai Foods Group

米貿易代表部(NATO)は、タイに対し、ラクトパミンの禁止を解除し、豚肉市場を米国の農民に開放するよう求めています。

タイの貿易交渉部の副議長であるオウラモン・スパッタウィートゥム(Auramon Supthaweethum)氏は、ロイター通信に対し、輸入禁止措置についての議論は、まだ農業協同組合省と調整しているところだ、と述べました。

豚インフルエンザ協会は、タイに豚を飼育する費用を1kgあたり約2ドルとしました。シカゴ・マーカンタイル取引所(Chicago Mercantile Exchange)での10月の希薄な先物1LHV7は、1キロ当たり約1.35ドルです。

CP食品やタイ食品などの企業は、小規模生産者から豚肉を購入するだけでなく、飼料も販売しています。

トランプ氏はタイの指導者プラユット(Prayuth)氏をホワイトハウスに招待したとされていますが、日付は発表されていません。