タイから5万トンの米を調達する政府

政府はベトナムとカンボジアとの2件の契約を締結し、各国から250万トンの米を輸入しました。公式発表によると、政府は、国際入札によりタイから5千トンの非バスマティ米と玄米を調達します。M/S Sima Trading Companyから米を購入する食糧省は、財務大臣AMA Muhithが主宰する、現在の公的購入委員会に置かれることになります。カイコーバッド・ホサイン(Mk Kaikobad Hossain)食品長官によって署名された提案は、主要産物のメートルトン当たりのコストを$438で、輸入の総コストは$21.9m(Tk181crore)です。

最近の食糧省の報告によると、タイとインドからの米の輸入は、二国間と国際市場の価格差により30万トンの輸入に失敗しました。

政府から政府への購入であることから、この提案をタイからの輸入単価を464ドル、インドから454ドルと変更しました。食糧省は、現在の米不足を補うために、国際市場から100万トンの米を調達することを目指していましたが、9月14日時点で5年間で345,000トンの低水準に落ちてしまいました。

先月、政府は各国から250万トンの米を輸入するため、ベトナムとカンボジアとの2件の協定に調印しました。

これに先立ち、Md Qamrul Islam食品大臣はミャンマーを訪問し、今後3年間に1000万トンの米を輸入する新たな道を開拓しました。そして、日曜日と月曜日、訪問したミャンマーの代表団が、この問題について話し合い、現在の政府間購入のもとで、トン当たり$442で10万トンの生米を供給することに決めました。

食糧省の最近の報告書によると、バングラデシュは米生産で米の余剰国になっているが、今年は洪水のような自然災害のため例外の状況です。Qamrul Islam氏は、火曜日に、洪水を非難した上で交渉が失敗に終わったことを認めました。

同省によると、同大臣は現ボロ期に内部の目標として80万トンの米収穫目標を設定しましたが、9月10日までに25万トンしか回収できませんでした。閣僚は、政府が160万トンの水田、米、小麦を調達すると発表しました。しかし、そのうち78%が達成されませんでした。

また、Qamrul氏は、8月16日の食料経費委員会の閣僚級会談後、記者団に対し、畑やその他の地域の洪水により、19.1百万トンのBoro稲を収穫するという目標は達成されなかったと述べました。

「私は70万トンの米と80万トンの小麦を調達する計画を購入しなかった。」と彼は語りました。

元食品幹部Abdul Latif Mondal氏はDhaka Tribune氏に、食糧省は危機の初めに必要な措置を講じないことによって「大きな間違い」を起こしたと語りました。輸入構想が採択されたのは時期尚早であり、その時点で取り引きは終了してしまっていたと述べました。Latif氏は、「食糧省は生産に関する情報資料に大きく依存している」と述べ、この状況は一度にまとめられるべき他の問題と関連していると付け加えました。

また、同氏は、11月のTk5で米価が少し下落する可能性があるとし、低所得層にはまだ影響を及ぼすと述べました。

タイから原料を調達し、ミャンマーで再起を図る味の素

味の素社の社長兼最高経営責任者(CEO)西井孝明氏は、火曜日に、ヤンゴン郊外のティラワ特別経済区で地元のミャンマー味の素食品の包装工場の完成式典で語りました。

ヤンゴンより:日本の調味料メーカーである味の素社は、2000年にミャンマーでの事業を中断した後、需要増に対応するため、改めて地元の子会社を通じ、同名の調味料の販売を再開しました。ミャンマーの味の素フーズ社の包装工場の完成記念式典が火曜日、ミャンマーの商業資本であるヤンゴン郊外のチラワ特別経済地区で開催されました。工場は約1,000万ドル(3億3000万バーツ)の投資で建設され、8月に全面的に操業を開始しました。ミャンマーの食品医薬品局(Food and Drug Administration)の承認を得て、5250平方メートルの工場は、タイから主原料(グルタミン酸ナトリウム)を輸入し、ヤンゴンとマンダレーの2都市で味の素の「Umami(うま味)」調味料の販売のために製造を始めました。

東京に本拠地を置く同社は、1996年に東南アジアで同社の調味料を販売するための梱包を開始したが、軍事政権の支配下にあったビジネス状況の変化により2000年に営業を停止しました。

味の素社の社長兼最高経営責任者(CEO)の西井孝明氏は、2020年までに世界のトップ10の食品企業の1つになることを目指し、ミャンマーはそのビジョンに不可欠な役割を果たすと発表しました。

また、「実現(目標)に向かって、世界規模に考え、明るい未来の待つ新興市場であるミャンマーに企業が存在しなければならないことは言うまでもない。」と西井i氏は語ります。

味の素社によると、ミャンマーは年間約52,000トンのうま味調味料を使用する非常に有望な市場です。

新たなミャンマー子会社での雇用規模は、事業拡大とともに2020年までに現在の81人から600人に増加すると見込まれています。

しかし、味の素食品ミャンマーの小川理事は、ブランド認知度が高いため、市場で巨額になっている偽造包装に対する懸念があると語り、また、消費者は製造業の対応と製品の保証のために、同社の直接販売のメリットが大きいと付け加えました。

味の素社はうま味調味料の包装に加え、近い将来に風味調味料の生産ラインを施設に追加する予定です。

また、同社は、来年4月に発売される粉末飲料用の工場を同じ経済区域で建設しており、これに約2200万ドルを投資しています。

2016年2月に設立された味の素フーズ・ミャンマーは、タイのバンコクにあるAjinomoto SEA Regional Headquarters Co社の90%、味の素(タイ)の株式の10%を所有しています。

バンコクの高級昆虫レストラン

昆虫といえば、長い間タイの田舎の定番品でした。しかし現在は、名立たるシェフがメニューにエコフレンドリーなタンパク質を加えることでバンコクの流行を作っています。

それはココアを撒いたカイコには見えず、正体を知らない人は食卓でこのティラミスを見ても普通のものではないと気付かないかもしれません。3種類の珍しい昆虫だけが見えるかもしれませんが、中にある美味しいマスカルポーネクリームの30%は昆虫の粉末エキスが含まれており、それはエスプレッソを浸したスポンジと調和のとれたわずかな苦味を加えます。マスカルポーネ、プロヴァンスのハーブ、水に生息する昆虫などが入った、一見普通に見える蟹のような味のラビオリも同様です。

「水に生息する昆虫は大きく、見たら食べたくないと思うかもしれませんね。」とD’SensやMediciなどの地元の高級レストランのベテランであるバンコクのシェフ、ティティワット・マイ・タントラガン氏は語ります。タイのイサーンと呼ばれる北東部では、昆虫が揚げられて塩漬けされ、足が6本付いたポップコーンだと嘲笑されています。しかし、あなたがバンコクでそれを見るとすれば、観光客の多いカオサンロードではないでしょうか。最近、街の新しいチャチューイ複合施設にオープンした「Insects in the Backyard」のチームは、こういった節足動物の悪いイメージを払拭したいと思っています。「私はこれを身近なものにしたいと考えています。私は恐ろしい料理を作ろうとしているわけではありません。」とマイ氏は言います。

彼は、これがギミック(話題を狙ったもの)ではありませんし、見下すべきものに価値を見出すものでもないと主張します。結局のところ、世界のトップシェフの中には、コペンハーゲンのNomaにいるRene Redzepi氏やサンパウロのDOMにいるAlex Atala氏など、似たようなコンセプトがいます。この両者はアリを使った料理を提供しています。

「イサーン地方の人々が何年も昆虫を食べてきたにもかかわらず、世界は最近になってこれが実行可能な食糧源になる可能性があるという考えに注目し始めています。エコ・メリットは無数にあります。昆虫は家畜よりも植物をタンパク質に変換し、メタンガスをはるかに少なくします。 将来、ただの虫という概念を越え、特定のタイプの海藻や他のアミノ酸源とともに実験が進むことを望んでいます。」

これは、ショップ、ギャラリー、レストラン、バーなどのスペースを備えたチャンチューイのコンセプトに沿ったものとなっています。その中心にあるロッキード・トライスターの古い旅客機がレストランに変身し、すべてがリサイクルされた材料(中古の自転車で作られたシャンデリアと、再利用された木製品とスクラップでできた建物)で作られています。

タイのファッションブランドFlyNowのCEOでアートディレクターを務めるソムチャイ・ソンワッタナ(Somchai Songwattana)氏が6月にオープンし、それはスクンビット通り沿いに並ぶ輝く新しいショッピングモールからの輝かしい出発です。来店したお客様は、キクイモとサクサクした幼虫とともに食事をした後、店内に並べられた品物を購入したり、映画館でインディー映画を鑑賞したり、自宅に持ち帰るための家具を買うことができます。

グルメはケーキショッピングを狙う。

タイの主要なスーパーマーケットであるグルメマーケット(Gourmet Market)はMRT operator Bangkok Metro Networds Limited(BMN)とともに、MRT駅内にある初めてのスーパーマーケットをラップラオ駅にオープンしました。

「クロントゥーイ駅、スクンビット駅、ラ—マ9世駅、タイ文化センター駅、パホン・ヨーティン駅、チャトゥック公園駅、カムペーン・ペット駅の7つのMRT駅で小売店舗を開設しました。また、今年はラップラオ駅とペチャブリー駅の2つの駅に小売スペースを追加しました。これらの戦略は、小売店とお客様の両方から積極的な要望を受けたものです。この成功の波に乗るために、私たちは国際基準を満たす食料品小売店であるグルメマーケットと協力してMRTのラップラオ駅で最初のスーパーマーケットを開店しました。」

「このプロジェクトでは、2,300平方メートルのスペースの準備とともに、3,500万バーツの投資が必要でした。スーパーマーケットは、利便性を求めている忙しい都市住民のニーズに応えるものでなければなりません。」と、Bangkok Metro Networks Limited(BMN)のディレクター、ナッタブット・トリビスヴァヴェート(Nattavut Trivisvavet)氏は話します。

MRTラップラオ駅のグルメマーケットは、4番目にできた独立型のスーパーマーケットです。果物や野菜、新鮮な食品や消費者製品など、25,000種類のプレミアム製品が提供されています。この店舗の特徴は、スープとサラダバーなどのヘルシーメニューとともに、タイ料理、日本料理、ベトナム料理、サンドウィッチを誇るデリカテッセンセクションがあり、持ち帰りしたり、カウンターや座席エリアで食事をしたりして楽しむことができます。

Bread Talk、Coffee Road、Thai Street Food Express、DragonX、The Jaffle、Hame Madame、LAB Pharmacyなど20の人気店が同じ店舗内にあります。

顧客はLine Manやhonestbeeアプリを使ってオンライン注文することもでき、速やかに顧客の手元に直接届けられます。

「MRTラップラオ駅のグルメマーケットは、MRTへの交通量を増やし、ワンストップスーパーという利点を生かし、食品や食料品の購入の利便性を求めるMRTユーザーからの肯定的なフィードバックを受け取ると信じています。」と、The Mall Groupのスーパーマーケットゼネラルマネージャーであるチャイラット・ペッチャダクン(Chairch Petchdakul)氏は言います。

また、「この店舗では、新しくMカードに申し込んだお客様には、多くのブランドの優待とともに、50バーツ無料の割引クーポン、超特価、1つすると1つプレゼントなどの特典がついてきます。」

グルメマーケットは出口4のB階にあり、毎日午前7時から午後10時まで営業しています。