転職を繰り返す日本人女性について

昨日、東洋経済に上がっていた記事でタイに住む日本人女性が転職を繰り返して貧困生活を送っていた過去、新しく物流関係の会社で働いていることが書かれていました。

”33歳、タイで転職繰り返す日本人女性の苦悩”と言うタイトルの記事なので興味のある方は検索をしてください。

突然、こんなことを言うかと申し上げると、昨日、私のフェイスブックにて、こちらの東洋経済の記事をシェアしたところ、たくさんの反響を得ました。それは記事に対して本当かどうかということです。

ライターさんの記事が私のような素人が書くブログのように稚拙なので真実を読み取るにはとても難しいと思います。現状を知っている私であっても、「?」、「?」、「?」というところが何箇所かありました。

また時系列が飛び飛びで、単に抜粋しただけで読みやすくしようとか、担当者の努力を垣間見ることもできませんでした。

文章に関することはこれくらいにして、本題へと入ります。

この記事の内容は、明らかに去年放送された”幸せボンビーガール タイ編”へのカウンター記事だと言える内容です。
幸せボンビーガールでもコールセンターで働く若い女性の姿が描かれていましたが、あちらは貧しいというよりも寧ろ優雅な生活を送られている印象がありました。給料は大して変わらないのにです。

何が違うんでしょうか?

主人公の価値観だと思います。よく東洋経済の記事中で描かれる貧乏ネタの主人公は、選りすぐりのダメな人です。テレビよりも脚色をしているように感じるくらいです。私の知っているタイのコールセンターで働く日本人の方は、1年以上働いていれば給料も5万バーツに迫る勢いだったり、それ以上をもらっています。
要するに、今回の主人公は言われた仕事は出来るけど、それ以上は出来ないという典型的なタイプだと言えます。転職を繰り返して理想の給料を貰えたとしても、それは実力ではないので、辞めたなくないと言ってもクビになる可能性は高いと思います。
なぜなら、毎月、仕事の辛さからライバルが辞めていくような職場にて、耐えて耐えて働いていたのに結局給料が上がらなかったのですから。コールセンターに務める日本人従業員の多くは、人材紹介会社を利用して仕事を見つける人が多いです。一人雇うたびに人材紹介会社に年収の20%程度の手数料を支払います。こうなると、会社は真面目で使えるスタッフには辞めて欲しくないと考え、真面目にさえ働いてれば給料をあげてくれるようです。1年、2年と働いているスタッフは昇給だけじゃなくて昇格もします。3年働いている人なんかは、結構いい給料をもらっている人もいます。

この主人公がコールセンターを辞めた後に就職したのは旅行代理店でした。

一つ言っておくと、タイは日本人の最低賃金が月給5万バーツとなっています。ただコールセンターや旅行業などは専門性がなく外国人である必要がないとされる職種なので最低賃金がタイ人と同じになります。また事務職も同じで5万バーツで雇うことが出来ます。しかし日本にも本社がある企業ですと、法律上は問題ないものの対外的な印象から最低賃金5万バーツに合わせることが多いです。

仲の良い人材紹介会社の人たちが昨晩私が働くお店にきてくれ、この話題になったのですが、誰もが口を揃えていうのが、過度な脚色が見られるということ。脚色がなかったとすれば、主人公に問題があると言われていました。
人材紹介会社の方の話では、若いので営業事務など”営業”ができれば、少なくとも5万バーツからあるということと、外回りができれば6万バーツがあるということを強く言われていました。
あと脚色っぽい一番の理由が33歳の女の子が”アジアンジャパニーズ”なんて写真集を知るわけがないということです。
これは、ごもっともで私よりも上の世代に少し流行った程度です。

APAC旅行者の76%の休暇先に影響する食事


Airbnb APAC Travelの調査によると、中国、インド、日本、シンガポール、韓国、タイの女性旅行者は、それぞれの国の男性よりも地元の料理を試してみることが重要であるという傾向がある、という結果が出ました。

バンコクより。Airbnb Asia Pacific(APAC)の旅行調査によると、アジア太平洋地域(APAC)の旅行者は、71%が休暇では地元の料理を試すことが重要だと思い、10人中6人(59%)が新しい経験や活動をしたいと思っていることが分かりました。

Airbnbは、賞を受賞した名立たるシェフ4人を紹介しています。イアン・キティチャイ氏(タイ)、マニッシュ・メイロトラ氏(インド)、トニー・ユー氏(韓国)、コウ・ケンテツ氏(日本)。 Airbnb Kitchens of Asiaの、インド、日本、韓国、そしてタイの本格的なアジア料理を試してみることをお勧めします。

<新しい料理を試すことになるとより冒険的になるAPACの女性旅行者>
同じく、Airbnb APAC Travelの調査によると、オーストラリア、中国、インド、日本、シンガポール、韓国、タイの7ヶ国において、中国(73%)、インド(74%)、日本(80%)、シンガポール(84%)、韓国(59%)、タイ(69%)の女性たちはそれぞれの国の男性よりも地元の料理を試してみることが重要であると感じる傾向が強くなっています。唯一の例外はオーストラリアで、女性(71%)を上回る数の男性(76%)が地元の料理を試したいと思っています。

これに対して、シンガポールの旅行者は地元の食べ物を食べたい(81%)と思う傾向があり、一方で韓国の旅行者は58%に留まります。

<ミレニアル世代より新しい味を試したいと思う55歳以上のタイ人旅行者>
オーストラリア(77%)、中国(65%)、インド(72%)、日本(83%)、シンガポール(79%)、韓国(59%)では、18〜24歳の方が新しいアイデアや地元の食べ物を試してみたいと考えています。しかし、意外にも、タイでは、55歳以上(82%)の方が休暇で新しい味や料理を試すことを求めています。

さらに、APACの旅行者の76%は地元の食べ物が彼らの休日の選択に影響を与えていると応えていますが、インドの旅行者では87%まで増加し、一方でタイの旅行者は62%に減少します。

<旅行者は地元の料理を逃さない。なぜならAirbnbの80%にキッチンがあるから。>
アンケート結果では、APACの旅行者の約半数(46%)が調理設備がないことが宿泊施設で調理したくない理由だと答えており、41%が休日に料理や買い物をする時間を使いたくない、43%が食べ物を食べたり地元の料理を試したりすることを好んでいることが分かりました。

しかし、APACのAirbnbの80%以上はキッチン設備を備えており、旅行者はツリーハウス、ビーチヴィラ、ロフトアパート、居心地の良い街のいずれにおいても、自ら食事を用意することができます。

さらに、絶対に冒険はしたくない、時間がないという旅行者でも、地元の味を素早く簡単に味わうことができます。

Airbnb Kitchens of Asiaのコラボレーションでは、シェフ4人やAirbnbの「フーディー(食べものに関心の強い人たち)」とともに、10種類以下の食材を使用して、30分以内で簡単に作ることができる本格的な韓国料理、インド料理、日本料理、タイ料理のレシピを使って、それらの魅力を味わうことができます。

<家族旅行者(46%)に比べ、より休暇中に調理したいと考える単身旅行者(20%)>
家族と一緒に休暇を過ごすとき、旅行者はいつも地元の食べ物を食べる機会があるとは限りません。実際、この調査では、旅行者の46%が、家族と一緒に旅行するときは宿泊施設で調理する可能性が高く、単身旅行者では21%に過ぎないことが明らかになりました。このシェフらとのコラボレーションは、家族連れの旅行者が地元の食生活の経験を忘れることなく、彼らが家に帰ってからも休暇中に食べた味を試すことができるものです。

但し、これには地域差があり、日本から来た旅行者が熱心に料理をしようとする割合は23%に留まります。一方、インド人、中国人、タイ人、韓国人の旅行者はそれぞれ46%、47%、64%、66%は、家族と一緒に旅行するときに宿泊施設で調理する可能性が高い傾向にあります。

<新しい経験や活動をしたいと考える旅行者は10人中6人>
地元の料理を試してみたいと思っているのと同じように、この調査ではインタビューしたAPACの全旅行者の59%が休暇中に新しい活動や体験をしたいと考えていることが分かりました。シンガポール人(70%)、インド人(68%)、オーストラリア人(65%)と高い割合に上ります。一方で日本人旅行者は新たな活動や冒険を受け入れる可能性は低い(31%)ことが分かりました。

ホームステイさせるケースから家全体を貸すケースまでさまざまな宿泊先リストを提供するだけでなく、Airbnbは食べ物を愛する人たちのために様々な食べ物体験を提供しています。デリーで昼食を食べたり、マーケットツアーをしたり、韓国で本格的な小盤(ソバン)料理を学んだり、日本で味噌を作ったりするなど、Airbnbがあなたをサポートします。

「私たちの調査によると、人々は、年齢や性別にかかわらず、旅行先を訪れるだけでなく、その場所を実際に体験したいという欲求があります。食べ物は目的地の決定にも影響を及ぼし、家族や友人と一緒に旅行する場合でも単身の場合でも、地元の文化やコミュニティを体験することができる最も簡単な方法の1つです。そういった理由から、Airbnb Kitchens of Asiaでは、各国の最高なシェフ4名、イアン・キティチャイ氏(タイ)、マニッシュ・メイロトラ氏(インド)、トニー・ユー氏(韓国)、コウ・ケンテツ氏(日本)、そして料理のアイディアを共有する『フーディー(食べものに関心の強い人たち)』が集まります。その結果、旅行者たちがAirbnbで休暇を過ごしたり、家に帰ってからも作ることが参考にすることができる、インド料理、韓国料理、タイ料理、日本料理の本質を詰め込んだ素晴らしいレシピが完成しました。」とAirbnbのアジア・太平洋地域担当ディレクターのシュー・クム・ホン氏は話します。