Save Food(食料ロス削減)イベントを主催するタイ

国連食糧農業機関(FAO)は、9月21日に東南アジアで初めてタイでこのイベント(1日間)を開催します。

2001年にベルリンで初めて開催されたSave Food(食料ロス削減)は、9月20日から23日までバンコクの BITEC(バンコクインターナショナルトレード&エキシビジョンセンター)で開催される第6回国際包装・印刷展「Pack Print International 2017」の一部として開催される予定です。

Save Food(食料ロス削減)プロジェクトのコンサルタントであるラビ・ラサリー(Rabi Rasaily)氏は、このプロジェクトは食糧ロス、廃棄削減、革新的な包装ソリューションについて、みなさんの参考になる情報がたくさんあるのではないかと思います、と語りました。

また、「より良い技術、プロセス、市場意識とともに、公的にも私的にも我々の社会に対して、食糧ロスと廃棄削減の原因となる我々の行動に大きな影響を及ぼす可能性があります。」と言い、「タイ政府とFAOは、来年からの食糧ロスと廃棄削減に関する国民の意識を高めるために協力していきます。」と述べました。

タイは、2014年9月、農業省、FAO、および他の多くの関係パートナーによってNational Save Food Networkが設立されたときに、主導権を持って進めました。

「消費者が関与するバリューチェーンや消費による浪費は、経済的損失以上の結果につながります。そして、それらは、成長し、収穫し、生産し、私たちに提供するために必要な、貴重な努力と天然資源の喪失を表しています。」」ラサリー(Rasaily)氏は言います。

「食物ロスと浪費の問題は非常に複雑です。それを克服するためには、食糧と栄養の安全保障、経済成長と雇用創出のための持続可能な食糧システムの核である、より効率的で包括的なバリューチェーンを持つ必要があります。」

APAC旅行者の76%の休暇先に影響する食事


Airbnb APAC Travelの調査によると、中国、インド、日本、シンガポール、韓国、タイの女性旅行者は、それぞれの国の男性よりも地元の料理を試してみることが重要であるという傾向がある、という結果が出ました。

バンコクより。Airbnb Asia Pacific(APAC)の旅行調査によると、アジア太平洋地域(APAC)の旅行者は、71%が休暇では地元の料理を試すことが重要だと思い、10人中6人(59%)が新しい経験や活動をしたいと思っていることが分かりました。

Airbnbは、賞を受賞した名立たるシェフ4人を紹介しています。イアン・キティチャイ氏(タイ)、マニッシュ・メイロトラ氏(インド)、トニー・ユー氏(韓国)、コウ・ケンテツ氏(日本)。 Airbnb Kitchens of Asiaの、インド、日本、韓国、そしてタイの本格的なアジア料理を試してみることをお勧めします。

<新しい料理を試すことになるとより冒険的になるAPACの女性旅行者>
同じく、Airbnb APAC Travelの調査によると、オーストラリア、中国、インド、日本、シンガポール、韓国、タイの7ヶ国において、中国(73%)、インド(74%)、日本(80%)、シンガポール(84%)、韓国(59%)、タイ(69%)の女性たちはそれぞれの国の男性よりも地元の料理を試してみることが重要であると感じる傾向が強くなっています。唯一の例外はオーストラリアで、女性(71%)を上回る数の男性(76%)が地元の料理を試したいと思っています。

これに対して、シンガポールの旅行者は地元の食べ物を食べたい(81%)と思う傾向があり、一方で韓国の旅行者は58%に留まります。

<ミレニアル世代より新しい味を試したいと思う55歳以上のタイ人旅行者>
オーストラリア(77%)、中国(65%)、インド(72%)、日本(83%)、シンガポール(79%)、韓国(59%)では、18〜24歳の方が新しいアイデアや地元の食べ物を試してみたいと考えています。しかし、意外にも、タイでは、55歳以上(82%)の方が休暇で新しい味や料理を試すことを求めています。

さらに、APACの旅行者の76%は地元の食べ物が彼らの休日の選択に影響を与えていると応えていますが、インドの旅行者では87%まで増加し、一方でタイの旅行者は62%に減少します。

<旅行者は地元の料理を逃さない。なぜならAirbnbの80%にキッチンがあるから。>
アンケート結果では、APACの旅行者の約半数(46%)が調理設備がないことが宿泊施設で調理したくない理由だと答えており、41%が休日に料理や買い物をする時間を使いたくない、43%が食べ物を食べたり地元の料理を試したりすることを好んでいることが分かりました。

しかし、APACのAirbnbの80%以上はキッチン設備を備えており、旅行者はツリーハウス、ビーチヴィラ、ロフトアパート、居心地の良い街のいずれにおいても、自ら食事を用意することができます。

さらに、絶対に冒険はしたくない、時間がないという旅行者でも、地元の味を素早く簡単に味わうことができます。

Airbnb Kitchens of Asiaのコラボレーションでは、シェフ4人やAirbnbの「フーディー(食べものに関心の強い人たち)」とともに、10種類以下の食材を使用して、30分以内で簡単に作ることができる本格的な韓国料理、インド料理、日本料理、タイ料理のレシピを使って、それらの魅力を味わうことができます。

<家族旅行者(46%)に比べ、より休暇中に調理したいと考える単身旅行者(20%)>
家族と一緒に休暇を過ごすとき、旅行者はいつも地元の食べ物を食べる機会があるとは限りません。実際、この調査では、旅行者の46%が、家族と一緒に旅行するときは宿泊施設で調理する可能性が高く、単身旅行者では21%に過ぎないことが明らかになりました。このシェフらとのコラボレーションは、家族連れの旅行者が地元の食生活の経験を忘れることなく、彼らが家に帰ってからも休暇中に食べた味を試すことができるものです。

但し、これには地域差があり、日本から来た旅行者が熱心に料理をしようとする割合は23%に留まります。一方、インド人、中国人、タイ人、韓国人の旅行者はそれぞれ46%、47%、64%、66%は、家族と一緒に旅行するときに宿泊施設で調理する可能性が高い傾向にあります。

<新しい経験や活動をしたいと考える旅行者は10人中6人>
地元の料理を試してみたいと思っているのと同じように、この調査ではインタビューしたAPACの全旅行者の59%が休暇中に新しい活動や体験をしたいと考えていることが分かりました。シンガポール人(70%)、インド人(68%)、オーストラリア人(65%)と高い割合に上ります。一方で日本人旅行者は新たな活動や冒険を受け入れる可能性は低い(31%)ことが分かりました。

ホームステイさせるケースから家全体を貸すケースまでさまざまな宿泊先リストを提供するだけでなく、Airbnbは食べ物を愛する人たちのために様々な食べ物体験を提供しています。デリーで昼食を食べたり、マーケットツアーをしたり、韓国で本格的な小盤(ソバン)料理を学んだり、日本で味噌を作ったりするなど、Airbnbがあなたをサポートします。

「私たちの調査によると、人々は、年齢や性別にかかわらず、旅行先を訪れるだけでなく、その場所を実際に体験したいという欲求があります。食べ物は目的地の決定にも影響を及ぼし、家族や友人と一緒に旅行する場合でも単身の場合でも、地元の文化やコミュニティを体験することができる最も簡単な方法の1つです。そういった理由から、Airbnb Kitchens of Asiaでは、各国の最高なシェフ4名、イアン・キティチャイ氏(タイ)、マニッシュ・メイロトラ氏(インド)、トニー・ユー氏(韓国)、コウ・ケンテツ氏(日本)、そして料理のアイディアを共有する『フーディー(食べものに関心の強い人たち)』が集まります。その結果、旅行者たちがAirbnbで休暇を過ごしたり、家に帰ってからも作ることが参考にすることができる、インド料理、韓国料理、タイ料理、日本料理の本質を詰め込んだ素晴らしいレシピが完成しました。」とAirbnbのアジア・太平洋地域担当ディレクターのシュー・クム・ホン氏は話します。