タイから5万トンの米を調達する政府

政府はベトナムとカンボジアとの2件の契約を締結し、各国から250万トンの米を輸入しました。公式発表によると、政府は、国際入札によりタイから5千トンの非バスマティ米と玄米を調達します。M/S Sima Trading Companyから米を購入する食糧省は、財務大臣AMA Muhithが主宰する、現在の公的購入委員会に置かれることになります。カイコーバッド・ホサイン(Mk Kaikobad Hossain)食品長官によって署名された提案は、主要産物のメートルトン当たりのコストを$438で、輸入の総コストは$21.9m(Tk181crore)です。

最近の食糧省の報告によると、タイとインドからの米の輸入は、二国間と国際市場の価格差により30万トンの輸入に失敗しました。

政府から政府への購入であることから、この提案をタイからの輸入単価を464ドル、インドから454ドルと変更しました。食糧省は、現在の米不足を補うために、国際市場から100万トンの米を調達することを目指していましたが、9月14日時点で5年間で345,000トンの低水準に落ちてしまいました。

先月、政府は各国から250万トンの米を輸入するため、ベトナムとカンボジアとの2件の協定に調印しました。

これに先立ち、Md Qamrul Islam食品大臣はミャンマーを訪問し、今後3年間に1000万トンの米を輸入する新たな道を開拓しました。そして、日曜日と月曜日、訪問したミャンマーの代表団が、この問題について話し合い、現在の政府間購入のもとで、トン当たり$442で10万トンの生米を供給することに決めました。

食糧省の最近の報告書によると、バングラデシュは米生産で米の余剰国になっているが、今年は洪水のような自然災害のため例外の状況です。Qamrul Islam氏は、火曜日に、洪水を非難した上で交渉が失敗に終わったことを認めました。

同省によると、同大臣は現ボロ期に内部の目標として80万トンの米収穫目標を設定しましたが、9月10日までに25万トンしか回収できませんでした。閣僚は、政府が160万トンの水田、米、小麦を調達すると発表しました。しかし、そのうち78%が達成されませんでした。

また、Qamrul氏は、8月16日の食料経費委員会の閣僚級会談後、記者団に対し、畑やその他の地域の洪水により、19.1百万トンのBoro稲を収穫するという目標は達成されなかったと述べました。

「私は70万トンの米と80万トンの小麦を調達する計画を購入しなかった。」と彼は語りました。

元食品幹部Abdul Latif Mondal氏はDhaka Tribune氏に、食糧省は危機の初めに必要な措置を講じないことによって「大きな間違い」を起こしたと語りました。輸入構想が採択されたのは時期尚早であり、その時点で取り引きは終了してしまっていたと述べました。Latif氏は、「食糧省は生産に関する情報資料に大きく依存している」と述べ、この状況は一度にまとめられるべき他の問題と関連していると付け加えました。

また、同氏は、11月のTk5で米価が少し下落する可能性があるとし、低所得層にはまだ影響を及ぼすと述べました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です